通信でチャイルド・ケアライセンスの受験資格を得る

チャイルド・ケアライセンスは各組織が開いている養成講座を受ける必要があり、講座を全て受け終えた時点にて受験資格が与えられます。

保育士のように国家資格ではなく民間資格という事になりますが、とても有意義な知識を得る事ができるものです。

チャイルド・ケアライセンスが他の資格試験と異なる点は、個人的に独学で勉強を進めたとしても試験を受ける事はできないという事です。


チャイルド・ケアライセンスの講座を受講する事は必須条件で、条件を満たしていない場合は受けられないのです。

受けた後に無事に受かる事ができた方はチャイルド・ケアライセンスを有する者として認定を受ける事になります。



学ぶためには講座を受ける事になりますが、毎回施設などに出向いてお話を聞く事が難しい場合も多いです。
育児中の親ともなれば、尚更家から離れる事は難しいので受験資格を手にする事自体難しい可能性もあります。

日本経済新聞の情報を公開しています。

そこで、協会が行っている事は施設に通わなくても自分の家で勉強が進められるように通信講座を開設するというものです。



通信講座なら遠くてスクールに通えないという場合や、お仕事の都合で時間が確保できないという場合でも知識を付けることが可能です。

当然、通信で勉強する方法を選択しても勉強する内容は同一なので知識に差が出てしまう事はありません。
ただし、民間資格という事で受験資格の一つとして設けられている年齢が各々のスクールで異なるケースがあるので注意してください。